文字の大きさ標準きく

骨密度測定

成長期の頃は骨塩量は増えていきますが、年をとっていくと骨塩量は減っていきます。特に女性は骨塩量の減少が目立ち、正常範囲以下の骨粗鬆症になりがちです。骨粗鬆症になった場合、転倒で容易に手首や股関節(大腿骨)・脊椎(胸椎・腰椎)の骨折を起こしやすくなったりします。

骨密度測定とは、まさに骨粗鬆症の検査で、上腕部の骨の測定値から簡易的に判断する方法と、腰椎や股関節の骨密度を直接測定する方法があり、当院は、精度の高い直接測定が可能な装置を用いています。 また当院の装置は極めて少ないX線を利用しているので安心して検査を受けていただけます。 検査はベットに寝た状態で簡単に行えます。 骨粗鬆症の予防には、適度にカルシウムを摂取すること、適度に日光に当ること、適度に運動をすることが必要です。

解析結果(腰椎)

解析結果(腰椎)

解析結果(股関節)

解析結果(股関節)

骨密度測定装置

検査実施例

ご来院のみなさまへ

総合メニュー