文字の大きさ標準きく

病院指標

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいて作成された指標を作成し、市民の方々に情報公開を行うことで、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

DPC(包括支払方式)とは

Diagnosis(診断) Procedure(手法・診療行為) Combination(組合せ) の略で、「診断病名」と「医療サービス」との組み合わせの分類をもとに1日当たりの包括診療部分の医療費が決められる計算方式です。
従来の診療行為ごとの点数をもとに計算する「出来高支払方式」とは異なり、患者さんの入院期間中に行った手術や処置などの診療行為に応じて、厚生労働省が定めた診断群分類点数に基づき、1日当たりの金額からなる包括評価部分(入院基本料・検査・画像診断・注射・投薬・処置 等)と出来高評価部分(医学管理・手術・麻酔・リハビリ 等)を組み合わせて医療費を計算する定額払いの会計方式です。

病院指標とは

病院指標とは病院の様々な機能や診療の状況を具体的な数値として示し、客観的に評価することを可能としたものです。
これにより、医療の過程や結果のなかに潜在している課題や改善点を見つけ出し、医療の質向上に役立てることを目的としています。

DPCデータによる病院指標(平成28年度)

   
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1. 年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 119人 112人 124人 160人 212人 360人 881人 1,210人 1,276人 447人
平成28年度の退院患者数を年齢階級別(10歳刻み)に集計しています。
当院では、60歳以上の入院患者数が7割を超えていますが、小児・周産期医療の入院治療も行っており福津・宗像地域の中核病院として幅広い疾患を診療しています。
2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
        
診療科選択
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)
手術なし 手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
18人 6.78日 5.79日 0.00% 6.28歳
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎
手術・処置等2 なし
13人 5.15日 7.24日 0.00% 10.92歳
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
10人 6.56日 6.42日 0.00% 8.11歳
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、
急性咽頭喉頭炎 手術なし
- 6.17日 5.50日 0.00% 4.67歳
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・
酸塩基平衡障害 手術なし
- 5.60日 10.17日 0.00% 4.40歳
小児科では、肺炎や気管支炎が最も多くなっており小児科全体(115件)の15.7%を占めています。
次いで、宗像医療圏を入院の対象としているため、肺炎や気管支炎などの呼吸器感染症や細菌性腸炎の症例が多くなっています。また、当院には小児腹部エコー検査に秀でた放射線科医師が常勤でいるため、急性腹症の症例も多く、急性虫垂炎と診断された場合には、外科での入院加療をお願いしています。
            

診療科選択へ戻る

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
140010x199x00x 妊娠期間短縮、
低出産体重に関連する障害
(出生時体重2500g以上)
手術なし 手術・処置等2なし
定義副傷病 なし
10人 5.10日 6.18日 0.00% 0.00歳
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常
子宮全摘術等
- 9.00日 9.88日 0.00% 31.57歳
120140xxxxxxxx 流産 - 1.29日 2.43日 14.29% 34.71歳
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 
手術なし 手術・処置等2 なし
- 20.00日 20.79日 40.00% 32.60歳
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - 10.00日 10.05日 0.00% 57.75歳
産婦人科では、妊娠の判定と分娩までの管理、産後のフォローまでの周産期管理を行っています。 新生児高ビリルビン血症や新生児一過性多呼吸の症例が多くなっており、産婦人科全体(82件)の12.2%を占めています。次いで、帝王切開による分娩が多くなっています。新生児の治療に関しては当院小児科医や大学病院等と連携し適切なケアを提供しています。なお、保険診療ではないため症例数に挙がりませんが、上記症例数以上に自然分娩で出産される妊婦さんもいます。その他にも卵巣腫瘍、性感染症、子宮脱、不妊治療、更年期症状などの婦人科疾患についても十分な説明と情報提供の上、適切な治療を提供しています。

診療科選択へ戻る

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし
45人 7.87日 7.44日 2.22% 76.87歳
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 
経尿道的尿路結石除去術等 
手術・処置等1 なし 
定義副傷病 なし
38人 6.95日 5.83日 10.53% 65.18歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし
定義副傷病 なし
26人 11.58日 12.43日 3.85% 64.42歳
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 
前立腺悪性腫瘍手術等 
手術・処置等2 なし
22人 13.86日 13.39日 3.85% 66.95歳
110420xx97xx0x 水腎症(その他) 
その他の手術あり 
定義副傷病 なし
19人 6.89日 5.33日 5.26% 74.00歳
泌尿器科では、膀胱がんに対する経尿道的手術を行った症例が最も多く、泌尿器科全体(389件)の11.6%を占めています。次いで、腎・尿路結石に対する結石除去術の症例が多く、結石の大きさや位置、数などに応じて適切な治療方法を選択しています。また、腎盂腎炎などの尿路感染症の治療や前立腺がんに対して腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術を行っています。当科は宗像地区で入院病床を有する唯一の泌尿器科ですので、診断から治療までを当院にて完結できることも目標に日々努力しています。

診療科選択へ戻る

循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし
手術・処置等1 1あり
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
263人 1.98日 3.06日 0.38% 69.65歳
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患
経皮的冠動脈形成術等
手術・処置等1 なし
1,2あり
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
167人 3.13日 4.71日 0.60% 69.53歳
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈
経皮的カテーテル心筋焼灼術
手術・処置等2 なし
120人 3.49日 5.51日 0.00% 67.53歳
050130xx99000x 心不全 手術なし
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
65人 13.29日 17.95日 12.31% 83.94歳
050030xx97000x 急性心筋梗塞
(続発性合併症を含む。)、
再発性心筋梗塞
その他の手術あり
手術・処置等1 なし、1あり
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
33人 11.30日 13.02日 0.00% 68.55歳
循環器科では、狭心症などに対する心臓カテーテル検査を多く行っており、循環器科全体(984件)の26.7%を占めています。心臓カテーテル検査は、カテーテルと呼ばれる細い管を手首や足の付け根の動脈から心臓まで通し、造影剤を注入して冠動脈を撮影する検査です。次いで、狭心症や心筋梗塞の治療となる冠動脈インターベンション治療が多くなっています。冠動脈の狭窄や閉塞部分に対し、バルーン(風船)やステント(網目状の金属製の筒)を用いて病変部分を拡張し治療する方法で心臓カテーテル検査と同様にカテーテルを使って行います。また、不整脈に対するカテーテルアブレーション治療も行っており、心房細動が起きている肺静脈と心房の間に心臓の中からカテーテルを用いて高周波電流を流し、心筋を焼灼することにより根本的な治療を目指しています。さらに心不全の治療やペースメーカー治療も行っており、すべての心臓血管治療に取り組んでいます。

診療科選択へ戻る

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
100380xxxxxxxx 体液量減少症 94人 6.87日 9.33日 8.51% 76.43歳
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  
手術・処置等2 なし
70人 4.93日 5.50日 2.86% 62.17歳
030400xx99xxxx 前庭機能障害  
手術なし
70人 5.81日 5.24日 4.29% 71.30歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症  
手術なし 
定義副傷病 なし
60人 13.63日 12.43日 8.33% 79.70歳
0400801499x001 肺炎等
(市中肺炎かつ75歳以上)
手術なし 手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
A-DROP スコア1
37人 16.46日 13.60日 10.81% 85.08歳
内科では、呼吸器、消化器、肝臓、血液、腎臓、糖尿病等幅広く診療を行っています。
上記症例では脱水症などの体液量減少症の患者数が多くなっておりますが、肺炎の患者数が平成28年度よりDPCコードが細分類されたために症例数には挙がっていないのが理由となっており、本来は肺炎の入院患者数が189人と最も多く昨年度と同様に呼吸器感染症の患者数が多い傾向にあります。次いで、急性胃腸炎や感染性腸炎などのウイルス性腸炎での入院が多くなっています。
また、メニエール病や末梢性めまい症などの前庭機能障害等の入院治療も多く行っています。

診療科選択へ戻る

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160200xx0200xx 顔面損傷
(口腔、咽頭損傷を含む。)
鼻骨骨折整復固定術等 
手術・処置等1なし
手術・処置等2 なし
13人 4.46日 5.80日 0.00% 27.69歳
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり  
手術・処置等2 なし
11人 2.27日 3.44日 0.00% 71.55歳
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、 
開放創 手術・処置等1 なし
10人 15.60日 10.41日 0.00% 70.10歳
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍
(脊椎脊髄を除く。)
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等
手術・処置等1 なし
定義副傷病 なし
10人 5.20日 5.94日 0.00% 60.00歳
160660xxxx1xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、
開放創
手術・処置等1 あり
- 18.67日 26.88日 0.00% 62.50歳
形成外科では、鼻骨骨折に対する整復固定術を行った症例が最も多く、形成外科全体(96件)の13.5%を占めています。次いで、眼瞼下垂症手術や外傷後の創部感染、難治性潰瘍に対する治療が多くなっています。また、皮膚皮下腫瘍の腫瘍摘出術などの診断・治療も行っています。

診療科選択へ戻る

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等2 6あり
定義副傷病 なし
33人 3.88日 4.48日 0.00% 63.97歳
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等
腹腔鏡下胆嚢摘出術等
手術・処置等1なし
手術・処置等2なし 
定義副傷病 なし
25人 10.92日 7.61日 4.00% 66.36歳
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし
手術・処置等2 3あり
定義副傷病 なし
22人 3.00日 6.88日 0.00% 66.73歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞
手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
22人 11.86日 9.08日 4.55% 71.55歳
060245xx97xxxx 内痔核 手術あり 21人 3.76日 5.85日 4.76% 58.33歳
外科では、胃がんや大腸がん、肝胆膵疾患といった消化器疾患の治療を行っています。外科手術だけでなく、悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤治療)も行っており、原則として外来での通院治療としています。しかし、症例によっては入院にて治療を行い、入退院を繰り返しているため、結腸がんに対する化学療法目的の入院症例が多くなっており外科全体(525件)の6.3%を占めています。次いで、胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術症例が多くなっています。また、腸の一部が狭窄、閉塞して腹痛や嘔吐などを起こすイレウス(腸閉塞)や内痔核、ヘルニア、虫垂炎といった良性疾患に対しても積極的に治療を行っています。

診療科選択へ戻る

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折
人工骨頭挿入術 肩、股等
98人 40.33日 27.63日 15.31% 83.95歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷
(胸・腰髄損傷を含む。)
手術なし
定義副傷病 なし
72人 22.42日 20.57日 40.28% 77.99歳
160760xx97xx1x 前腕の骨折 
手術あり 
定義副傷病 あり
19人 16.05日 10.63日 0.00% 75.00歳
160980xx99x0xx 骨盤損傷 
手術なし  
手術・処置等2 なし
18人 21.94日 20.45日 5.56% 76.61歳
160760xx97xx0x 前腕の骨折 
手術あり  
定義副傷病 なし
16人 8.31日 5.49日 0.00% 40.25歳
整形外科では、転倒による大腿骨近位部(頸部・転子部骨折)骨折に対する手術症例が最も多く、整形外科全体(498件)の19.7%を占めています。次いで、胸椎・腰椎の圧迫骨折が多く、原則として保存的加療(安静・コルセット着用)を行います。急性期は一般病棟にて治療を行い、その後は回復期リハビリ病棟や地域包括ケア病棟にてリハビリテーションを継続し自宅復帰を支援しています。また、前腕(橈骨・尺骨)の骨折症例も多く、転倒し床に手をついた際に発生する骨折です。骨粗鬆症による高齢者の骨折が増えており、積極的に手術治療を行い、早期自宅復帰を目指しています。

診療科選択へ戻る

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目
以内、かつ、JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 4あり
定義副傷病 なし
発症前Rankin Scale 0、1又
39人 20.28日 16.54日 5.13% 72.49歳
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷  
その他の手術あり
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
28人 22.14日 9.87日 0.00% 79.54歳
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
27人 8.30日 7.52日 7.41% 60.07歳
010230xx99x00x てんかん 手術なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
23人 8.70日 7.12日 0.00% 70.61歳
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 16人 5.63日 5.24日 6.25% 71.94歳
脳神経外科では、常勤医4名すべてが脳神経外科認定医であり、脳腫瘍、脳血管障害、水頭症、外傷など脳神経外科疾患全般およびてんかん、認知症、変性疾患など神経内科疾患まで幅広く診療しています。発症3日以内の脳梗塞症例が最も多く占めており、急性期治療として積極的に血栓溶解療法(t-PA治療)も行っています。平均年齢は72.5歳と高い年齢ですが、平均在院日数は20日で転院率は5%程度と低値であります。次いで、頭部外傷の手術症例が多くなっており、慢性硬膜下血腫に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術などを行っています。また、脳動脈瘤や頸動脈狭窄症に対する血管内手術を積極的に行っています。

診療科選択へ戻る

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
050050xx0101xx 狭心症、
慢性虚血性心疾患
心室瘤切除術
(梗塞切除を含む。)
単独のもの等
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 1あり
14人 20.93日 23.36日 0.00% 73.07歳
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、
腸骨動脈瘤 
ステントグラフト内挿術
手術・処置等2 なし
12人 14.00日 12.74日 0.00% 73.08歳
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・
慢性間質性腎炎・
慢性腎不全
動脈形成術、吻合術
その他の動脈等
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
- 7.89日 8.87日 0.00% 78.78歳
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤
その他の手術あり
手術・処置等2 1あり
定義副傷病 なし
- 28.50日 28.23日 25.00% 68.25歳
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患
心室瘤切除術
(梗塞切除を含む。)
単独のもの等 
手術・処置等1 1,2あり
手術・処置等2 1あり
定義副傷病 なし
- 27.63日 27.92日 0.00% 82.00歳
心臓血管センターにて当直体制をとっており、狭心症や心筋梗塞、大動脈解離、大動脈瘤破裂、急性動脈閉塞などの緊急疾患に対応しています。冠動脈疾患に対する緊急カテーテルの増加と共に冠動脈バイパス術が多くなっています。大動脈瘤に対しては開胸開腹の手術以外に低侵襲であるステントグラフト内挿術を行っており、年々ステントの割合が増加しています。透析センターも併設しており、透析患者の心臓血管疾患の手術、内シャントに関するトラブルにも対応しています。

診療科選択へ戻る


3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 24人 - - 1 第7版
大腸癌 - 37人 - 31人 - - 1 第7版
乳癌 - - - - - - 1 第7版
肺癌 - - - - - - 1 第7版
肝癌 - - - - - - 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。
UICC 病期分類とは、UICC 病期分類国際対がん連合によって定められたがんの進行度を、腫瘍の大きさ、リンパ節への転移状況、遠隔転移の有無の3つのカテゴリによって各がんをⅠ期(早期)からⅣ期(末期)の4病期(ステージ)に分類するものです。
平成28年度に退院した患者さんを集計し、集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計をしております。
当院では、主に胃がん、大腸がん、乳がんの診断と治療を行っています。胃がんと大腸がんの治療については、腹腔鏡下手術を積極的に行っており、化学療法(抗がん剤治療)や疼痛、緩和療法なども行います。乳癌は、乳房腫瘤の自覚によって乳癌を発見されることが多いですが、検診マンモグラフィの普及により、早期発見される症例も増えてきています。肺癌や肝癌についても、それぞれのガイドラインに準じた癌の診断・治療を行っています。
4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 31人 10.81日 49.52歳
中等症 131人 19.92日 82.46歳
重症 15人 21.73日 84.07歳
超重症 13人 26.77日 80.92歳
不明 - - -
成人市中肺炎とは、普段の社会生活の中で罹患した成人(20歳以上)の肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドラインによる重症度分類(A-DROPシステム)を用いて集計しています。

重症度分類(A-DROPシステム)
①男性≧70歳、女性≧75歳
②BUN≧21または脱水(+)
③酸素飽和度≦90%
④意識障害(肺炎に由来する)
⑤sBP≦90mmHG

【軽症】上記5つの項目がいずれも満たさない
【中等症】上記1つまたは2つを有する
【重症】上記3つを有する
【超重症】上記4つまたは5つを有する またはショック

軽症の場合は外来治療が基本となりますが、患者様の状態によって入院しての加療となる場合があります。
当院では成人市中肺炎の患者数では中等症の割合が最も多く、全体の約7割を占めています。
また、高齢になるほど重症化しやすく入院日数も長くなる傾向にあります。
5.脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 12人 18.25日 70.58歳 8.30%
その他 10人 5.22日 81.56歳 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 132人 47.37日 76.37歳 15.20%
その他 14人 35.64日 74.36歳 7.10%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
- 14人 11.86日 68.36歳 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄, 
脳梗塞に至らなかったもの
- - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
脳梗塞の内訳として3日以内の梗塞がもっとも多いのですが、平均76歳と高齢です。平均在院日数が48日程度と長いのですが、リハビリテーションを積極的に実施して退院を目指しており転院率は15.2%と低率であることが特徴です。
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
診療科選択

項目選択へ戻る

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) - 1.00日 7.00日 0.00% 31.50歳
K9091 流産手術(妊娠11週まで) - 0.00日 0.29日 14.29% 34.71歳
K861 子宮内膜掻爬術 - 0.00日 0.00日 0.00% 54.25歳
K856-4 腟壁尖圭コンジローム切除術 - 0.00日 0.00日 0.00% 26.33歳
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - 1.00日 1.00日 0.00% 50.67歳
産婦人科では、骨盤位(逆子)や巨大児などで自然分娩が難しいと予想される場合や前回帝王切開での分娩歴がある場合にあらかじめ手術日を決めて行う選択帝王切開の症例が多くなっています。また、分娩前や分娩中に赤ちゃんや母体に何らかのトラブルが起きて、早急に赤ちゃんを取り出す必要が生じた場合に行う緊急帝王切開も行っています。なお、正常分娩も数多く取り扱っていますが、保険診療ではないため集計対象外となっています。
次いで、流産手術の症例が多く、妊娠22週未満に妊娠の継続が困難になり中断するものを流産といい、自然流産と人工流産(人工妊娠中絶)に対して手術を行っています 。また、子宮体癌や機能性子宮出血、子宮外妊娠など病的に増殖した内膜の除去や婦人科疾患の診断を目的として行う子宮内膜掻爬術も行っています。上記には、記載していませんが、バルトリン腺の手術も行っています。

診療科選択へ戻る

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)
(電解質溶液利用)
50人 3.00日 6.72日 4.00% 76.64歳
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36人 2.22日 5.44日 11.11% 65.11歳
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 34人 1.85日 8.15日 20.59% 74.88歳
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 23人 1.13日 13.22日 0.00% 67.26歳
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 19人 0.16日 1.11日 0.00% 59.63歳
泌尿器科では、膀胱がんに対して内視鏡を用いた経尿道的手術を多く行っています。早期の膀胱がんは、この手術のみで治療可能です。手術後の結果によっては、追加の切除や、膀胱全摘出手術などが必要になる事があります。腎・尿路結石に対する結石除去術では、レーザーを用いた内視鏡手術や体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を行っています。内視鏡手術は、体外衝撃波結石破砕術と比べ結石を取り出すことができるため、早期に結石がなくなるというメリットがありますが、できる限り体への負担が少ない方法を希望の場合は体外衝撃波結石破砕術を行うなど患者様に合わせた治療を行っています。結石や腫瘍などにより尿管が閉塞し、感染を合併した症例などに対しては尿管に細い管(ステント)を入れて尿の通路を確保する尿管ステント留置術も緊急処置として行います。また、腹腔鏡を用いた前立腺悪性腫瘍手術も行っており、開腹することなく手術可能なため出血量が少なく、術後の痛みも少ないというメリットがあります。

診療科選択へ戻る

循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 150人 1.92日 3.35日 2.67% 70.06歳
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 
(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)
86人 1.08日 1.81日 0.00% 67.65歳
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術
(急性心筋梗塞)
47人 0.00日 22.89日 2.13% 70.96歳
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 34人 1.29日 1.18日 2.94% 67.62歳
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 29人 3.76日 12.83日 3.45% 79.41歳
循環器科では、経皮的冠動脈ステント留置術の症例を多く取り扱っています。狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の治療となるカテーテル治療の一つであり、夜間でも緊急でカテーテル治療を行うことができます。心筋梗塞は死亡率が高く、早期の治療が必要となるため平均術前日数が0日となっています。頻脈性不整脈(脈が速くなる不整脈)の治療として経皮的カテーテル心筋焼灼術を行っています。血管を通して心臓内まで電極のついたカテーテルを入れ、不整脈の発生源に高周波電流を流すことで心筋を焼灼し不整脈を根治する治療法です。また、徐脈性不整脈(脈が遅くなる不整脈)で失神や心不全を伴う症例に対してはペースメーカー移植術を積極的に行っており、上記には記載がありませんが、心不全に対する両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術(CRT-D)や致死性不整脈に対する植込型除細動器移植術(ICD)も行っています。

診療科選択へ戻る

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm未満)
77人 0.00日 1.04日 0.00% 65.86歳
K654 内視鏡的消化管止血術 19人 1.21日 10.58日 0.00% 73.32歳
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術
(長径2cm以上)
- 0.33日 1.11日 0.00% 69.22歳
K386 気管切開術 - 25.67日 51.78日 77.78% 72.44歳
K664 胃瘻造設術
(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、
腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
- 40.00日 35.43日 85.71% 82.00歳
内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍による内視鏡的ポリープ・粘膜切除術を行っています。大腸内視鏡検査で大腸のポリープが発見された場合、癌化される可能性のある腺腫性ポリープが治療の対象となります。また、出血性胃潰瘍など消化管からの出血がある場合には、内視鏡にて止血効果のある薬剤の散布、止血鉗子を用いた高周波電流による焼灼などを行い止血することが可能です。

診療科選択へ戻る

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K333 鼻骨骨折整復固定術 11人 1.27日 1.82日 0.00% 19.55歳
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹)(肩) 10人 0.80日 3.40日 0.00% 60.00歳
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - 0.00日 1.43日 0.00% 68.71歳
K0131 分層植皮術(25cm2未満) - 13.80日 18.80日 0.00% 55.20歳
K0132 分層植皮術
(25cm2以上100cm2未満)
- 12.80日 15.80日 0.00% 74.20歳
形成外科では、鼻骨骨折に対する整復固定術の症例が最も多くなっており、10代の若年者に多い傾向があるため、平均年齢が19.55歳と低くなっています。良性の皮膚皮下腫瘍の腫瘍摘出術や眼瞼下垂症の治療も行っています。また、外傷による皮膚欠損創や熱傷などによる難治性潰瘍に対し、分層植皮術を行っています。植皮とは、いわゆる皮膚移植のことで、自分のからだの他の部分から皮膚を採取して、皮膚が欠損している部分に移植を行います。

診療科選択へ戻る

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K6335 鼠径ヘルニア手術 44人 1.50日 1.86日 2.27% 72.64歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40人 4.73日 10.45日 2.50% 69.05歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術
(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
20人 0.15日 5.40日 0.00% 31.00歳
K6871 内視鏡的乳頭拡張術、 
内視鏡的乳頭切開術
(乳頭括約筋切開のみ)
17人 6.24日 14.76日 17.65% 80.53歳
K7435 痔核手術(PPH) 15人 1.00日 1.27日 0.00% 56.67歳
外科では、鼠径ヘルニア、胆のう炎、虫垂炎などの良性疾患の手術が多くなっています。胆石症、虫垂炎に対し創が目立たず整容性に優れた単創式腹腔鏡下手術も行っています。総胆管結石に対する内視鏡治療(乳頭切開術、バルーン拡張術による砕石・採石術)も行っています。

診療科選択へ戻る

            
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術
(肩甲骨)(上腕)(大腿)
97人 4.99日 65.65日 17.53% 79.03歳
K0462 骨折観血的手術
(下腿)(手舟状骨)(前腕)
39人 2.90日 31.21日 0.00% 58.08歳
K0811 人工骨頭挿入術
(肩)(股)
26人 5.58日 73.23日 15.38% 83.77歳
K0463 骨折観血的手術
(鎖骨)(指)(足)(膝蓋骨)(その他)
23人 3.22日 28.57日 4.35% 52.52歳
K0821 人工関節置換術
(股)(膝)
17人 4.00日 61.00日 0.00% 78.41歳
当院は救急病院であり、骨粗鬆症による高齢者の骨折、交通事故や労災による骨折の患者様が救急搬入されています。特に大腿骨近位部(頸部・転子部)骨折と上腕骨骨折が多く、骨接合術を行う症例が大部分を占めていますが、大腿骨や上腕骨頚部骨折の転位高度のものは、人工骨頭挿入(置換)手術が必要となります。術後は、リハビリテーションを行い、早期自宅復帰を目指しています。原発性膝関節症や原発性股関節症などの変形性関節症に対しては、膝関節・股関節の人工関節置換術を行っています。また、当院では人工関節術前待機期間中に自己血を準備して手術に臨むことで約90%の症例で他人からの輸血を回避することができています。
  

診療科選択へ戻る

    
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術、 
慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)
18人 2.50日 35.78日 0.00% 82.89歳
K1781 脳血管内手術(1箇所) 10人 1.00日 54.20日 20.00% 66.30歳
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 16.75日 21.38日 12.50% 74.75歳
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 - 0.75日 19.75日 50.00% 66.00歳
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) - 5.00日 85.00日 75.00% 80.00歳
慢性硬膜下血腫は頭部外傷(打撲など)が原因となり、硬膜とくも膜の間にできる血腫により脳が圧迫され、頭痛や運動麻痺や認知障害などが生じます。高齢者に多く、当院でも平均年齢は83歳と高齢です。術後、リハビリや家庭の事情で平均在院日数が36日と長くなっておりますが転院率は0%です。
破裂または未破裂脳動脈瘤の治療として、開頭クリッピング手術より脳血管内手術(コイル塞栓術)が多くなってきています。開頭クリッピング術と比較すると術後の回復が早く、術後の脳血管攣縮の発生頻度も低いと言われていますが、患者様にとって確実な、かつ安全な手術方法の選択を心がけています。当院では神経内視鏡を使用して開頭せずに穿頭による脳内血腫除去をおこなっております。神経内視鏡下脳内血腫除去術は術後の回復もはやく早期リハビリが開始できます。

診療科選択へ戻る

            
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5522 冠動脈、
大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
28人 6.43日 24.75日 0.00% 73.21歳
K610-3 内シャント設置術 16人 4.56日 12.75日 6.25% 77.38歳
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14人 0.07日 1.00日 0.00% 69.64歳
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) - 3.00日 10.67日 0.00% 71.89歳
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) - 5.00日 39.13日 0.67% 73.75歳
心臓血管外科では、専門医研修施設として虚血性心臓病、弁膜症、大動脈疾患および末梢疾患に対して診療を行っています。心臓外科手術では、冠動脈バイパス術が多く、大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術が増加しているのが特徴です。透析患者の内シャント作成やシャント血管狭窄に対するバルーン(風船)拡張術も行っています。糖尿病や透析患者は急増していますが、末梢動脈疾患に対するバイパス術、カテーテル治療も増加しています。

診療科選択へ戻る

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.07%
異なる - -
180010 敗血症 同一 27人 0.57%
異なる 37人 0.67%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 33人 0.72%
異なる - -
上記4つの疾患は、重篤な疾患であり、入院医療費が高額な点数が設定されているため、臨床的に根拠のある診断が求められています。この表は、入院中に「最も医療資源を投入した傷病名」が「入院の契機(きっかけ)となった傷病名」と『同一』であるか『異なる』かを示しています。『異なる』とは、ほかの疾患にて治療をしていたが、入院後上記疾患の治療をもっとも行った場合になります。手術・処置等の合併症は、透析シャント合併症であるシャント狭窄・閉塞などが含まれており、ほとんどが入院の契機病名となっています。
更新履歴
2016/09/29  新規作成
            
2017/09/21  平成28年度病院指標 更新

ご来院のみなさまへ

総合メニュー