文字の大きさ標準きく

臨床工学室

臨床工学室は、高度な医療機器がその機能を十分に発揮して、診断や治療を行えるように支援する部署です。
現在11名が在籍してしています。
当院には多種多様な医療機器がありますが、これらの安全は医学と工学の知識をもった『臨床工学技士』が管理しています。

主な業務内容

  • 心臓血管外科による開心術時の人工心肺装置(※1)の管理
  • 心臓カテーテル検査時の大動脈バルーンパンピング装置の操作
  • 高度医療に対応するため、人工呼吸器などの生命維持装置の保守・点検業務
  • 透析センターでの血液透析をはじめICUでの緊急透析・持続的血液透析濾過・その他特殊な血液浄化法業務(※2)
  • 低酸素性脳機能障害・突発性難聴・骨髄炎など多科にわたる治療に使用する高気圧酸素治療装置(※3)の操作
  • 体外衝撃波結石破砕装置(※4)の準備補助業務

人工心肺装置(※1)

血液浄化法業務(※2)

高気圧酸素治療装置(※3)

体外衝撃波結石破砕装置(※4)

機器の説明

人工心肺装置(※1

スタッカート社製の人工心肺装置を使用し、心臓のバイパス手術や弁置換術などを行っています。また、当院では、同じくスタッカート社製の遠心ポンプを併用した上行大動脈置換術も行っています。症例数は、緊急手術に対応しているため増加傾向にあります。
手術に際しては、専門の心臓血管外科医や麻酔医の支持の下、臨床工学技士は人工心肺装置の操作を行い、常に安全な技術を提供しています。

高気圧酸素治療装置(※3

外来患者さんにはお薬をお渡しする際、お薬説明書とともに、効能・効果・飲み方・注意点などの説明を行っています。
また、入院患者さんに対しても、ベッドサイドで説明を行っています。

ご来院のみなさまへ

総合メニュー