文字の大きさ標準きく

循環器科

循環器科は心臓疾患(虚血性心疾患(狭心症、急性心筋梗塞))、不整脈、心臓弁膜症)や高血圧、高コレステロール血症などの代謝疾患、更に失神(心臓失神、自律神経性の失神)を中心に診療を行っております。特に虚血性心疾患には力を入れており救急体制を整えております。急性心筋梗塞は発症から診断、治療までどれだけ時間を短縮できるかで救命率とその後の寿命が決まってきます。当センターでは熟練した循環器専門医のみで24時間365日急患の受け入れ体制を整えております。しかも遠賀、宗像市、鞍手町、福津市、古賀市、粕屋市を含めた医療圏で唯一の心臓血管外科を開設している病院ですので、循環器救急においてすべての疾患で大学病院などへ搬送することなく当院のみで完遂できます。

当院では冠動脈CT(心臓CT)にも力をいれており、それにより低侵襲でかつ確実に狭心症の診断が出来ます。特に糖尿病の患者さんにおいては冠動脈に狭いところができてもいよいよ重症化するまで症状がでない(無症候性心筋虚血)ことが多いため冠動脈CTによる圏動脈の評価をお勧めしております。月曜から土曜まで毎日撮影が予約なしで可能ですのでお気軽にお申し出ください。 当院には不整脈専門医もおりますので不整脈の薬物治療から、カテーテル電気焼灼術による根治的治療も行っております。動悸や脈の乱れを自覚される方も受診されてください。

失神に対する原因精査も行っております。失神は主な原因として頭(脳梗塞など)心臓(不整脈など)自律神経異常が考えられます。当院では脳神経外科との連携により速やかにかつ確実に診断と治療を行うことができます。 その他、慢性期疾患(高血圧、高コレステロール血症、高尿酸血症)の治療も行っており、食事療法、薬物治療など患者さんにあった治療を行っております。今まで血圧の薬を飲まれていなかった方ももちろんですが、現在血圧の薬を飲んでいるがなかなか下がらなくてお困りの方などお気軽にご相談ください。

施設認定

  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会研修施設
  • 日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医研修施設
  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 胸部ステントグラフト実施施設
  • ロータブレータ実施施設
  • クライオアブレーション実施施設
  • CRT+ICD実施施設
  • ステントグラフト実施施設

主な治療・検査等実績(2018年)

動脈硬化治療 件数
冠動脈インターベンション数(ACS) 256(71)
Rota 12
DCB 10
IVUS 173
FFR 19
補助循環症例数 IABP:36
PCPS:12
末梢血管インターベンション数 21
心筋生検 17
不整脈治療 件数 1年後洞調律維持(リズムコントロール)
カテーテルアブレーション数 総数:211
心房細動 151(72%)
131(87%)
発作性 71(47%)
64(90%)
持続性 68(45%)
60(88%)
永続性 12( 8%)
7(58%)
平均CAHDS2スコア 2.38
平均年齢 71歳
男性 102(68%)
RF 135(89%)
クライオ 16(11%)
デバイス 総数:70
ペースメーカー移植術 新規:44
交換:10
ICD 5
CRT(P/D) 11(4/7)

九州大学病院を出て国道3号線を北九州方向へ20 km向かうと、福津イオンを過ぎたあたりで左手に当院を見つけることが出来ます。
2014年4月から九州大学病院循環器内科から3名の医師が新規に派遣され、循環器科医8名+心臓血管外科医5名からなる、24時間体制の心臓血管センターが本格稼働を始めました。2017年4月から九州大学循環器内科からさらに1名派遣され、循環器科は9名体制になります。
それに伴い、カテ室も2室に増設されています。
症例数も順調に延びており、2015年からロータブレーター実施施設、不整脈専門医研修施設、CRT+ICD実施施設の認定を取得し、2016年には心房細動に対するクライオアブレーションも開始し、動脈硬化関連疾患、不整脈、心不全の患者さんにさらに質の高い医療を提供出来るようになり、心臓移植、TAVI、ASDカテーテル閉鎖術以外は当院で治療を完結できる施設になります。臨床研究も始めています。
とても働き易く雰囲気の良い職場ですので、やる気のある熱血な若者は是非研修に来て下さい。

論文・著書

<臨床研究>

論文・著書の表題名 執筆者名(全て) 発表誌/年月日
Evaluation of Coronary Artery Disease by Cardiac Computed Tomography for Catheter Ablation of Atrial Fibrillation.
~ CADAF-CT trial ~
Mito T, Takemoto M, Antoku Y, Masumoto A, Nozoe M, Kang H, Kinoshita S, Aoki R, Tanaka A, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Yamamoto Y, Tayama K, Kosuga K. 投稿中
Characteristics of the Clinical Background and Coronary Lesions in Patients with Silent Myocardial Ischemia with Type 2 Diabetes Mellitus without a Previous History of Cardiovascular Disease. Kang H, Takemoto M, Mito T, Masumoto A, Morisaki H, Kawano Y, Aoki R, Tanaka A, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Ueno T, Maeda Y, Ueno T, Tayama K, Kosuga K. Diabetes Updates. 2019; 5: 1-7.
Radiofrequency Catheter Ablation of Premature Ventricular Contractions from Near the His-bundle. Tanaka A, Takemoto M, Masumoto A, Kang H, Mito T, Kumeda H, Aoki R, Kinoshita S, Antoku Y, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Tayama K, Kosuga K. J Arrhythmia. 2019; 35: 252-261.
Clinical Benefit of Deep Sedation with a Supraglottic Airway while Monitoring the Bispectral Index during Catheter Ablation of Atrial Fibrillation Hida S, Takemoto M, Masumoto A, Mito T, Nagaoka K, Kawano Y, Kan H, Tanaka A, Matsuo M, , Hironaga K, Okazaki T, Tayama K, Yoshitake K, Kosuga K. J Arrhythmia 2017;33:283-288.
Silent Myocardial Ischemia in Asymptomatic Patients with Type 2 Diabetes Mellitus without Previous Histories of Cardiovascular Disease. Kawano Y, Takemoto M, Mito T, Morisaki H, Tanaka A, Sakaki Y, Matsuo A, Abe K, Hida S, Mukae K, Okazaki T, Tayama K, Ioguchi T, Yoshitake K, Kosuga K. Int J Cardiol. 2016: 216: 151-155.

<症例報告>

論文・著書の表題名 執筆者名(全て) 発表誌/年月日
A Case of a Figure of Eight Atrial Tachycardia after a Pulmonary Vein Antrum Isolation for Paroxysmal Atrial Fibrillation. Antoku Y, Takemoto M, Suetsugu F, Kosuga K. 投稿中
Atrial Fibrillation in a Patient with a Common Inferior Trunk of the Pulmonary Veins Treated by Radiofrequency Catheter Ablation Formed as a Mickey Mouse Figure. Masumoto A, Takemoto M, Kang H, Kumeda H, Nakamura K, Kosuga K, Ueno T. Fukuoka Acta Medica, in press
A Case of Atrial Fibrillation in a Patient with Heparin-resistance Associated with an Anti-thrombin Ⅲ Deficiency Successfully Treated by Radiofrequency Catheter Ablation Using a Direct Thrombin Inhibitor. Kang H, Takemoto M, Tanaka A, Aoki R, Antoku Y, Kinoshita S, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Tayama K, Kosuga K. Eur Heart J-Case Repots. 2019: 3: 1-5.
Two Cases of Paroxysmal Atrial Fibrillation in Patients Successfully Treated by Radiofrequency Catheter Ablation with Severely Compression, Lateral Displacement, and Clockwise Rotation of Their Hearts Due to Severe Pectus Excavatum. Tanaka A, Takemoto M, Kang H, Aoki R, Antoku Y, Mito T, Kinoshita S, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Tayama K, Kosuga K. Intern Med. 2018: 23: 3381-3384.
A Case of Paroxysmal Atrial Fibrillation in a Patient Successfully Treated by Radiofrequency Catheter Ablation with a Severely Right Sided Dislocation of the Heart After a Total Right Lung Excision. Aoki R, Takemoto M, Nakasuga K, Kang H, Tanaka A, Mito T, Antoku Y, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Yoshitake K, Tayama K, Kosuga K. J Arrhythmia 2018: 34: 305-308.
A Case of Premature Ventricular Complexes/Ventricular Tachycardia from the Left Ventricular Outflow Tract Successfully Ablated from the Distal Great Cardiac Vein. Mito T, Takemoto M, Kang H, Kawano Y,Tanaka A, Aoki R, Antoku Y, Matsuo A, Hida S, Okazaki T, Yoshitake K, Tayama K, Kosuga K. J Cardiol Cases 2017;16:85-88.
A Case of Inappropriate Sinus Tachycardia Diagnosed and Treated as Depression Successfully Treated by Radiofrequency Catheter Ablation. Masumoto A, Takemoto M, Mito T, Kawano Y, Kumeda H, Tanaka A, Matsuo M, Hida S, Okazaki T, Tayama K, Yoshitake K, Kosuga K. Intern Med 2017; 56: 523-526.
A Case of Fulminant Myocarditis Treated with Very Long-term Support by Percutaneous Cardiopulmonary Support Mito T, Takemoto M, Kawano Y, Tanaka A, Matsuo M, Hida S, Shimoishi K, Okazaki T, Tayama K, Yoshitake K, Kosuga K. J Cardiol Case. 2016; 14: 141-144
The Impact of Three-dimensional Optical Coherence Tomography and Kissing-balloon Inflation for Stent Implantation to Bifurcation Lesions. Koiwaya H, Takemoto M, Ogata K, Nakama T, Furugen M, Watanabe N, Kuriyama N, Shibata Y. J Cardiol Case. 2016; 13: 133-136.
Giant Pulsatile Coronary Aneurysms Associated with Pulmonary Atresia with an Intact Ventricular Septum after a Fontan Procedure. Sakamoto I, Takemoto M, Nagao M, Yamamura K, Hiasa K, Sunagawa K. Circulation. 2014; 130: e121-123.

<コメディカル研究論文>

論文・著書の表題名 執筆者名(全て) 発表誌/年月日
外来糖尿病患者における大血管症スクリーニング検査の受診率と今後の課題 永井里子、竹本真生、竹藤五月、梶原利恵、小川恵子、原田稔子、前田泰孝、瞰野裕実 Heart Nursing 2018 in press
当院集中治療室 (ICU) における人工呼吸器装着患者の人工呼吸器関連肺炎発症に関与する因子とそれに対する看護ケアについて検討 藤本礼子、竹本真生、三戸隆裕、高松由佳、冨永賀那子、平川美香、木下いずみ 投稿中
64列CTを用いた心房細動アブレーション用心臓CTの撮影条件での冠動脈解析の試み 髙橋寛敏、竹本真生、奥之薗斉美、前田康太、小方優典、藤本康介、奥之薗祐一、長谷幸宜、上田亮治 投稿中
詳しい治療内容については心臓血管センターページをご覧ください

ご来院のみなさまへ

総合メニュー