文字の大きさ標準きく

リハビリテーション科

地域の中核病院として、他職種・他医療機関等と連携をとりながら、急性期から回復期、生活期に至るまで、その患者さんにあわせた総合的支援をします。
病気や外傷によって障害を持つ様々な患者さんに対して、専門性の高いリハビリテーションを提供します。それにより、生活機能の改善を図り、自宅(職場)復帰を目指します。

非常勤医・リハビリテーション部長のご紹介

  • 非常勤医師 小田 太士
  • リハビリテーション部長 大田 登志樹

リハビリテーション科の理念

CBRの実践を通して、広く地域に貢献する

CBR:Community Based Rehabilitationの略
「地域に根ざしたリハビリテーション活動」の意味

リハビリテーション科の特色

当院では、病気及び外傷の発症後、出来るだけ早期の段階からリハビリテーションを開始します。ベッド上での安静をとりすぎることで起こる全身の体力低下を防ぐためです。
まずは、生活を営む上で必要な、基本的動作(座る、立つ、歩くなど)の獲得を目指します。歩くことが困難な方など、生活に支障がある方には、容態に応じて補装具を作成することもあります。また、最新の医療機器の導入により、より効果の高いリハビリプログラムを提供しています。さらには、高次脳機能障害、嚥下障害などの疾患も、リハビリテーションに携わる各専門職のアプローチにより、心身機能を取り戻していきます。
また、仕事や家事、趣味活動などの自立に向けて、その方の生活スタイルにあわせた支援をいたします。

※リハビリテーション診療は、各診療科にコンサルトしながら主治医が判断し指示を出します。
また、リハビリテーションの実施内容(継続期間、実施回数など)は診断を受けた疾病や、病気を発症してからの期間または、手術後の期間などによって変わります。

リハビリテーション科特殊外来

  • ボツリヌス治療
    第2・4土曜日に実施しています。
    ボツリヌス注射によって痙縮を軽減し、日常生活の困難な問題を改善しています。
  • 嚥下治療
    嚥下障害の方に嚥下造影検査を適宜施行し、評価・診断を実施しています。
  • 装具外来
    毎週木曜日午前11時から実施しています。
    脳卒中後の装具・切断後の義足・脳性まひの靴など、あらゆる装具に対応しています。

リハビリテーションの対象疾患

脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)

主な対象疾患

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血等の急性発症した脳血管疾患、パーキンソン病、脊髄小脳変性症等の神経筋疾患、多発性神経炎、多発性硬化症等の神経疾患、脳腫瘍、脊髄損傷等の中枢神経疾患、失語症、失認及び失行症など

補装具をつけての
階段昇降練習

低周波治療器を使用しての
随意性向上練習

言語聴覚士による
摂食嚥下練習

運動器リハビリテーション(Ⅰ)

主な対象疾患

上・下肢の複合損傷(骨折等)等の急性発症した運動器疾患、関節の変性疾患、炎症性疾患等の運動器疾患 など

荷重計を用いた骨折後の荷重練習

家事動作練習

心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)

主な対象疾患

急性心筋梗塞、狭心症発作等の急性発症した心大血管疾患、慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患等の心大血管疾患 など

術後早期からの起立練習

トレッドミルでの負荷運動

呼吸リハビリテーション(Ⅰ)

主な対象疾患

肺炎、無気肺等の急性発症した呼吸器疾患、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息等の呼吸器疾患 など

座位での排痰練習

心肺機能向上を図る屋外歩行練習

ご来院のみなさまへ

総合メニュー