文字の大きさ標準きく

私たちの理念

地域と共に

基本方針

  • 良質で適切な医療を効率的に提供します
  • 納得と選択に基づく科学的な医療を提供します
  • 的確な診療情報をお伝えします
  • 個人情報を適切に取り扱い管理します
  • 幸せな人生を送られるような医療を提供します
  • 人間性豊かな医療人を育成します

シンボルマーク

シンボルマーク

水と光はきってもきれない関係にあります。水の表情と性格は光によって形を変え、私達の前にあらわれます。
水の音は、人間が自然の中で一体となって生きていることを教えてくれます。さらに、水は光によって輝き、やさしく強く、生きる喜びを与えてくれます。
人間も、その身体は水と光によって生命を保っています。シンボルマークの円は光のもとである太陽の形を、中央は水の波紋を力強くデザインしました。
これらのシンボルマークは国際的にも通用する必要があります。そのために、日本人の心である和の要素をマークの中ににじませました。

アートディレクター

倫理綱領

私達病院に働くものは、地域の人々の健康を守るために、限りない愛情と責任を持って最善の努力を尽くさなければならない。この使命を達成するために、私達が守るべき行動の規範を次のとおり定める。

  • 医療の質の向上
    私達は医療の質の向上に努め、人格教養を高めることによって、全人的医療を目指します。
  • 医療記録の適正管理
    私達は医療記録を適正に管理し、原則として開示します。
  • 権利擁護と個人情報の保護
    私達は患者さんの尊厳を尊重し、権利を擁護し、個人情報を適切に取り扱います。
  • 安全管理の徹底
    私達は病院医療に関わるあらゆる安全管理に、最大の努力を払います。
  • 地域社会との連携の推進
    私達は地域の人々により良い医療を提供するために、地域の人々とはもちろんのこと地域の医療機関との緊密な連携に努めます。

臨床倫理

宗像水光会総合病院は、患者さんの尊厳および人権に配慮し医療の 進歩に貢献するよう次のとおり臨床倫理を定めます。

  • 患者さんの人格と意思を尊重し、十分な説明と同意による自己決定を最優先します。
  • 患者さんの個人情報を保護し、職務上の守秘義務を遵守します。
  • 治験や臨床研究などの倫理的課題については、倫理委員会で審議します。

患者さんの権利と責務について

宗像水光会総合病院では、「患者さんの権利」に基づいて外来・入院診療を行っています。私たちは患者さんとより良いパートナーシップを築きながら "いつでも、どこでもだれにでも必要で適切な医療を効率的に提供します" という経営理念の実現に向けて日々努力して参ります。そのためにも患者さんの医療への積極的な参加をお願いします。

  • 患者さんは「真実を知る」権利を持ち、理解・納得できる十分な説明と情報を受ける権利があります。
    一方、「真実を知る事を放棄する(知りたくない)」権利もあります。
  • 医師を含め医療従事者には「説明する」義務があります。
  • 患者さんは自分の意思で「治療法を選択する」権利があります。
    また、「治療を拒否する」権利もあります。
  • 医師や医療従事者には業務上知り得た患者さんや家族、関係者の個人的、公的情報を他に漏らさない「守秘義務」があります。
  • 医師や医療従事者には「裁量権」があります。これは、臨床医学が持つ本質的不確かさより起こる事柄に対して、学識経験に基づき判断し診療行為を行うことです。
  • 患者さんからの要求が「自らの良心や価値観」に反する場合、医師や医療従事者はこれに応じない権利を有します。
  • 患者さんは「患者の権利」を有しますが、権利には、義務と責任が伴います。

ご来院のみなさまへ

総合メニュー