文字の大きさ標準きく
  • TOP
  • 開放型病院について

開放型病院について

開放型病院とは、厚生労働大臣が定める施設基準を満たし、県知事に届出受理されている病院で、病院の施設・設備を開放し、診療所の先生方にご利用していただくことができます。また、ご紹介で入院になった場合には、診療所の先生と病院医師が共同で診療することもできます。なお、共同診療の場合には、当院開放型病院の「登録医」になっていただく必要があります。

当院は平成16年7月から開放型病院となり、地域の先生方との連携で患者様が安心して一貫した診療が受けられるような体制を整えています。

開放型病院登録医の申請手続き

  • 登録医の申請希望がございましたら、地域医療連携室へご連絡下さい。
    こちらから訪問させていただき、開放型病院登録医についてのご説明をさせていただきます。
  • 申請書類を準備いたしますので、必要事項をご記入いただきましてご返送ください。
  • 書類が届き次第、登録医の申請として受付けさせていただきます。

開放型病院共同指導料

登録医の先生のご紹介で開放型病院に入院された患者様に対して、登録医の先生と病院医師が共同診療を行い、指導を行った場合に次の保険点数が算定できます。

  • 開放型病院共同指導料(1)
    患者様1人1日につき 350点
  • 退院時共同指導管理料
    患者様を退院させる1週間以内に病院に来院し、退院後の指導を行った場合 330点

共同診療でご来院される際には、事前に当院の地域医療連携室までご連絡下さい。
診療所の外来カルテに所見や指導した内容の記載が必要で、保険請求は診療所で行います。

医療機関の方へ

総合メニュー