文字の大きさ標準きく

その他検診・検査

子宮頸がん検診

国立がん研究センター調べでは、子宮頸がんは20歳代の若年層で急激にふえています。上皮内がんを含めた子宮頸がんの発生率は、50歳以上の中高年層ではこの20年間で順調に減ってきていますが、逆に20歳から29歳では急激に増加しています。これは、子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与しており、高齢になるほど多くなるほかのがんと違って、性活動が活発な若い年代で感染の機会がふえているためと考えられます。
対象者 満20歳以上の女性
検査内容 子宮頸部細胞診および内診
実施場所総合健診センター
検査料8,390円

オプション検査 HPV検査(ヒト・パピローマウイルス検査)3,960円


ノロウィルス検査

食品工場で働く方や保育園、介護施設の調理師、学校給食の調理員の方は、ノロウイルス検査を行うことが一般的になりつつあります。ノロウイルス感染が確定されると、その後の現場の対応(介助方法、消毒、施設対応など)が適切に行われるようになるため感染拡大防止に大いに役立ちます。

食品関連を取り扱う企業様で、検査をご検討されておられましたらお気軽にお問い合わせください。

検査内容 ノロウイルス検査(PCR法)
実施場所総合健診センター
検査料4,540円
  • 当センターの指定検査キットがございます。
    提出日の朝に便を採取して、直ぐにご持参いただく事が条件となります。
  • 検体の出張回収は行っておりません。
  • 結果のお届けまでに3~4週間ほど掛かります。
お問い合わせ
詳しい内容は、下記までお問い合わせください。
受付時間 9:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始を除く)

宗像水光会総合病院 総合健診センター
TEL:0940-34-3100(直通)
FAX:0940-34-3140

ご来院のみなさまへ

総合メニュー