文字の大きさ標準きく

各種健診

定期健康診断(事業者健診)

詳しい検査項目はこちら

雇入時健診や定期健診など、労働安全衛生法で義務付けられている健康診断を各企業様向けに実施しております。詳しくはお問合わせ下さい。

全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康診断

下記の保険証をお使いの皆様は、全国健康保険協会の補助制度を利用した「生活習慣病予防健診」をご利用いただけます。※事前手続きが必要になります。
検査内容につきましてはこちら。

補助対象の保険証見本

※この健診は、被保険者限定

検査内容

(1)一般健診  7,000円

年1回の定期健診。
診察や尿、血液を採取しての検査、胸や胃のレントゲン検査など約30項目の全般的な検査を行います。

対象者は、当該年度において35歳~74歳の方。

(2)付加健診  11,700円

一般健診に加えてさらに検査項目を増やし、病気の早期発見や生活習慣改善などの健康管理に活かします。
対象者は、一般健診を受診する方のうち、当該年度において40歳及び50歳の方。

(3)乳がん・子宮頸がん検診

  • 乳がん検診(40~48歳) 1,650円
  • 乳がん検診(50歳以上) 1,050円
  • 子宮頸がん検診 1,020円

問診・乳房エックス線検査(マンモグラフィー)による乳がん検査、子宮頸部細胞診(スメア方式)による子宮頸がん検査を行います。
対象者は、一般健診を受診する40歳以上の偶数年齢の女性で受診を希望する方。※40~48歳の方と50歳以上の方では検査の撮影方法が違うため負担額が異なります。

(4)子宮頸がん検診(単独受診) 1,020円

問診・子宮頸部細胞診(スメア方式)による子宮頸がん検査を行います。
対象者は、20~38歳の偶数年齢の女性で受診を希望する方。
※36歳~38歳の方で一般健診を受けられる方は一般健診と併せて受診することもできます。

(5)肝炎ウイルス検査(この検査は任意です) 612円

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスへの感染の有無を調べるための検査です。
特にC型肝炎ウイルスは、肝硬変・肝がんを進行させるとされ、国の緊急対策として今まで肝炎検査を受けたことのない方を対象に希望者本人の申込みにより検査を行います。
ただし、過去にC型肝炎ウイルス検査を受けたことがある方を除きます。

必ずご確認ください

全国健康保険協会の健康診断のご利用されるには下記の手順でお申込み下さい。

  • 事業所単位で健診受診を希望する方を取りまとめます。(個人でのお申込みも可能です)
  • 健診ご希望日をお決め下さい。
    ※補助申請のための手続きに1か月以上を要します。協会けんぽに申請書類が到着してから1か月以上先の予約日が必要となりますのでご注意ください。
    ※第1希望日が満員の場合もございますので、第3希望日ぐらいまでのご検討をお勧め致します。
  • ご予約のお電話をお願い致します。☎0940-34-31000940-34-3100 (9:00~16:00)
    ご希望日、受診者の氏名、生年月日、保険証の記号・番号、保険証に記載の事業所名、日中繋がるご連絡先をお尋ねいたしますのでお知らせ下さい。
  • 「生活習慣病予防健診申込書」に必要事項を記入して協会けんぽへオンライン申請またはご郵送下さい。(お電話でお受けした健診予約日を、「健診を受ける日」の欄に忘れずにご記入ください。)
    ※申請書は、3月中旬から4月の上旬にかけて、本人様へ協会けんぽより郵送されて来ます。無い場合は、協会けんぽのHPからもダウンロード可能です。

    申請書郵送先
    〒812-8670
    福岡市博多区上呉服町10-1三井博多ビル8階
    全国健康保険協会福岡支部保健グループ宛
    電話:092-283-7621092-283-7621
  • 承認申請が受理されましたら、当院から問診票や説明事項などの必要書類をご希望いただいた住所へ郵送いたします。

特定健康診査(特定健診)

日本人の生活習慣の変化等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備軍が増加しており、それを原因とする脂肪は、全体の約1/3にものぼると推計されています。
特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、以下の項目を実施します。

メタボリックシンドロームとは

糖尿病、高脂血症、高血圧などの生活習慣病は、それぞれの病気が単独ではなく互いに関連して発症し、軽い段階でもそれらが重なると動脈硬化が進行します。そしてそれら生活習慣病の要因は、「内臓脂肪」の蓄積なのです。脂肪が内臓まわりに蓄積した「内臓脂肪型肥満」に加え、「糖尿病、高脂血症、高血圧」が重複している状態を、「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」と言います。

検査内容

基本的な項目
  • 質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)
  • 血圧
  • 理学的検査(身体診察)
  • 検尿(尿糖・尿蛋白)
  • 血液検査
    *脂質検査(中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
    *血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
    *肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP
詳細な健診の項目 ※一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施
  • 心電図
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球・血色素量・ヘマトクリット値)

特定健康診査の受診にはご予約が必要です。
受診券をお持ちの方は、お電話またはご来院にてお申込み下さい。

特定保健指導

2008年4月から40~70歳の被保険者に対して、特定健康診査の結果から、メタボリックシンドロームの要因で生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、医師、保健師、管理栄養士が生活習慣を見直すサポートをします。
 ※全国健康保険協会の方は、生活改善の評価のために初回面談日から3か月経過すると血液検査(無料)がご利用できます。

※特定保健指導の受診にはご予約が必要です。受診券をお持ちの方は、お電話またはご来院にてお申込み下さい。

総合健診センターページはこちら

宗像水光会総合病院 総合健診センター 宗像水光会総合病院 総合健診センター

ご来院のみなさまへ

総合メニュー